中学降誕劇 ~共につくり上げる喜び~

2019年12月16日

 12月13日・14日、今年も清教学園の伝統行事の一つである中学降誕劇が行われました。

 中2生全員が何かの役割を担い、共につくり上げていく降誕劇。今年も、ご覧になった方々の心に大きな感動を生み出しました。また、これから清教学園に入学してみたいという小学生の皆様にも多くお越しいただき、お迎えする側の中学生たちも良い緊張感をもって臨むことができました。

 生徒たち自身は、この行事を通じて、自分自身の人としての成長を感じると同時に友人たちと共に努力することの大切さを改めて覚えました。

 中学生たちの大きな成長をご覧になった皆様からいただいた言葉の中に 「これは、清教学園の成人式ですね」というものがありました。

 今年の中2生たちもまた、この降誕劇の行事を終え、清教生らしい成長の歩みの足跡を残してくれました。これからの学校生活でのさらなる活躍を期待しています。

一覧へ戻る