大阪府知事賞を受賞!! ~大阪府統計グラフコンクール~

2020年01月16日

「第61回(令和元年度)大阪府統計グラフコンクール」

(大阪府総務部統計課主催)

大阪府知事賞を受賞!!

 

 パソコン統計グラフの部で清教学園高校の1年生2名が大阪府知事賞を受賞しました。このコンクールではこれまでも本校から多くの入賞・佳作が出ていましたが、複数の生徒が同時に大阪府知事賞の栄誉を手にしたというのは初めての快挙となります。

 

大阪府知事賞 入選

上田 萌々菜「高齢運転者の現状と対策」

酒井 彩七「カカオ農園児童労働問題」

 

 

生徒たちの力作は、次のところでご覧いただけます(2020年3月下旬まで)

http://www.pref.osaka.lg.jp/toukei/gcon/gcon-sakuhin2019.html#pcbu

 

 上田さんは、「『高齢運転者の事故は多いのか』という疑問から、『本当は若者の方が事故率は高いのに、なぜ高齢者の事故の報道が多いのか』という問いかけに向かう流れが良い構成となっており、わかりやすい」という講評をいただきました。説明したい点を的確にグラフ化しているという点も高い評価をいただきました。

 酒井さんは、中学2年生の時にも大阪府統計グラフコンクールで入賞していますが、そのときは「佳作」でした。今回は、身近なチョコレートから原料、そして児童労働へという形で、課題となっている多くの事柄を広く結びつけたグローバルな視野・考察が高く評価され、入選となりました。また、審査員の先生方からは、「いろいろなグラフを駆使していることに加え、彩りを与えているイラストもユニークだ」という講評をいただきました。

 

 

 ********************

 今回は、情報教育において積み重ねてきた取り組みの成果が評価され、清教学園高等学校も学校団体として大阪府知事賞団体賞をいただきました。先進的なICT教育にチャレンジする全校的な積極性を認めていただきました。

 

 

 

 学園での日ごろの学びを糧に、情報化社会で自らの積極性を生き生きと発揮していく清教生たちのバイタリティと成長に、これからもどうぞご期待ください。

一覧へ戻る