留学生と共に学ぶ ~AFSから好事例に選ばれました~

2019年03月13日

 「アジア高校生架け橋プロジェクト」の好事例として、清教学園での取り組みが AFS JAPAN によって紹介されました。長年にわたる国際交流教育の積み重ねにより、生徒たちの学校生活の中に留学生たちも自然に溶け込むことのできるような環境が存在していると評価していただきました。

 

(動画:AFS JAPAN「ASIA KAKEHASHI ホストスクールの声」より)

 

※AFS とは:

 異文化学習の機会を提供する世界的な教育団体で、加盟国は約60か国、交流国は100か国以上に及び、理念に共感し活動を共にするボランティアとともに、多様な文化・価値観の人々と「共に生きることを学ぶ」活動を継続している。

団体概要はこちらから

(AFSページにリンク)

 

※「アジア高校生架け橋プロジェクト」とは

 アジア諸国で日本語を学ぶ、または学ぶ意欲のある優秀な高校生を日本全国の高校に招聘し、日本人高校生との国際交流を深めることを目的とした、文部科学省による国際教育分野での補助事業。

詳しい内容はこちらから

(文部科学省ページにリンク)

AFSによる取り組みの説明はこちらから

(AFSによる説明ページにリンク)

一覧へ戻る